胸郭出口症候群でお悩みの方へ

肩が痛い・肩甲骨まわりが痛い・首が痛い・鎖骨周りが痛い・手がしびれる・手が痛い

■胸郭出口症候群(きょうかくでぐちしょうこうぐん)の症状は?

胸郭出口症候群は、手指や腕のしび熱感・冷感、脱力感で始まります。
徐々に首や肩、肩甲部のうずくような痛みが現れます。
症状は、電車のつり革につかまる時のように肩をあげてれ、後ろに反らす運動や、首を反対側に傾けてさらに後ろへ反らす運動をする時に強くなります。
神経が圧迫されるとしびれや痛みが現れ、動脈が圧迫されると腕や手指の色が蒼白になり、静脈が圧迫されると腕や手指の色が暗青紫色になります。
進行すると、このような動作がまったくできなくなるケースも。

 

我慢しないで!肩甲骨付近や腕の痛み・違和感

そら整体院は胸郭出口症候群(きょうかくでぐちしょうこうぐん)の改善が得意です!

■胸郭出口症候群とは?

鎖骨(さこつ)周辺で腕神経叢(わんしんけいそう)という腕や手指に行く末梢神経の束が、腕や手指に行く鎖骨下動脈や鎖骨下静脈という血管とともに圧迫されて起こる状態です。
心臓から続く血管が、胸郭を出た所で神経とともに圧迫されるので、この名称があります。
首や肩・腕を特定の位置にもっていくと、腕や手指にしびれやだるさ、痛みなどが現れます。
首が長く、なで肩の女性に多いといわれています。
鎖骨周辺で神経や血管を圧迫する原因がいくつかあり、これらをまとめて胸郭出口症候群と呼びます。
前斜角筋(ぜんしゃかくきん)と中斜角筋(ちゅうしゃかくきん)という首の筋肉の間で圧迫されると斜角筋症候群、鎖骨と第1肋骨の間で圧迫されると肋鎖(ろくさ)症候群、小胸筋を通る時に圧迫されると小胸筋症候群、頸椎(けいつい)にある余分な肋骨で圧迫されると頸肋(けいろく)症候群といいます。

 

■当院の施術で痛みを改善されている方が大勢いらっしゃいます!!

当院独自の手技療法が一番効果が高いのでは?と考えております。
胸郭出口症候群で痛くて眠れない、病院で「もう手術しかない。」といわれたけれど手術するのを躊躇されている方は、ぜひご相談ください。
胸郭出口「症候群」と言う名が付く通り、西洋医学ではまだはっきりとした原因は特定されていません。
その方の骨格や筋肉に合わせて手法をかけるため、必要な通院の回数や、改善までの期間は、施術を受けていただかなければ分かりません。
一度でぴたりと痛み・痺れが止まってぐっすり眠れるようになった方から、通院の回数が多く必要な方もいらっしゃいます。
病院や治療院等どこへいっても痛みがとれず、何年も痛みを我慢しながら生活をされていた肩も、改善されています。
もう治らないんだ、とあきらめずに、ぜひ一度当院へご相談ください!