時期や症状などひとりひとり異なる生理痛

あなたの一番つらい時期はいつですか?(PMS(月経前症候群)・生理痛)
「生理痛はあって当たり前」「いつものことだから」と、毎月何年も我慢していませんか?

**************

生理痛でよくある症状

生理痛のときに、多くの人は体に違和感を覚えるものです。それは肉体的なものから、精神的なものまでさまざま感じるものです。

■主な症状

★身体的症状

✓下腹部の膨満感、痛み
✓頭痛
✓胸が張る
✓腰痛、関節痛
✓便秘、下痢
✓にきびが出来る
✓だるい、めまいがする

★精神的症状

✓イライラする、怒りやすい
✓気力が沸かない、やる気が起きない
✓落ち込みやすくなる
✓疲れやすくなる
✓集中力が低下する
✓涙もろくなる
✓不安になる

**************

■生理痛の原因

ひと言で生理痛といっても、痛みの程度、症状、痛む場所など、同じ女性であっても千差万別。
一人ひとりが別々の生理痛を、毎月経験しているといってもいいくらいです。
ではなぜ生理痛は起こるのでしょう?
特に大きな要因となっているのは「プロスタグランジン」という物質です。

 

【月経前】
◆痛みなど不調の要因:黄体ホルモン
黄体ホルモン(プロゲステロン)は、卵巣から分泌され、受精卵が子宮内膜に着床する準備や、乳腺による乳汁の分泌を準備させます。
◆起こりやすい不調:イライラ・頭痛・胃痛・乳房痛・肩こり・だるさ・集中力低下etc…
女性ホルモンの一つ、黄体ホルモンの分泌量は排卵後、急激に増え、受精卵が着床せず生理が起こると一気に減ります。この大きな変化で、身体をコントロールする自律神経がバランスをくずし、頭痛や胃痛、イライラなどの不調を引き起こします。また黄体ホルモンは乳腺を発達させる、体温を上げる、体内の水分を引き出すなどの作用もあるため、乳房が痛くなったり、だるさや下半身のむくみも起こりやすくなります。生理の1~2週間前から生理が始まるまであらわれるこれらの症状は「月経前症候群(PMS)」と呼ばれています。

【月経前半】
◆痛みなど不調の要因:プロタグランジン
◆起こりやすい不調:下腹部の鈍痛やキリキリした痛み・めまい・吐き気・下痢etc…
生理直前から前半まで、プロスタグランジンという物質が急に増え、子宮の収縮を促して生理の経血を身体の外に排出する役割を果たします。この量が多すぎると収縮が強くなるため、キリキリとした痛みが発生します。血管を収縮させる作用もあるので、腰痛やだるさ、冷えがひどくなります。さらに胃腸の動きにも影響を与え、吐き気や下痢の原因にも。実は陣痛のときの痛みもこのプロスタグランジンが原因です。また、生理痛のある女性では、子宮内膜や経血に含まれるプロスタグランジンの量が生理痛のない女性より多いこともわかっています。その他にも痛みの発生、免疫やアレルギー、睡眠にも関連することが知られています。

【月経後半】
◆痛みなど不調の要因:うっ血(うっ血とは血液の流れが滞ること)
◆起こりやすい不調: 下腹部の鈍痛・腰のだるさ・頭痛・冷え・むくみetc…
骨盤を中心に血液の流れが悪くなり、下腹部の鈍痛や腰回りの重苦しい感覚を引き起こします。軽い生理痛なら、このうっ血をとることで改善できます。半身浴で身体を温める、血行をよくする食事を心がけるなど、生活のなかで実践できることがあります。
女性が一生に経験する生理の回数は、昔にくらべ数倍に増えているといわれています。初経年齢の低下、出産数の低下、出産年齢の上昇、閉経年齢の上昇、晩婚化‥。それに伴い、セルフケアではコントロールできないような生理痛をもつ女性も増えています。

**************

■「月経前症候群(PMS)」とは

PMS(生理前症候群)とはどういった症状のことでしょうか。
排卵後から次の月経が始まるまでの期間を黄体期間といいます。
PMS(生理前症候群)とは、この黄体期間に、体の不調(頭痛、腰痛、下痢、吐き気、めまいなど)や、心の不調(イライラ、うつ状態、不安感、怒りっぽくなる)などの症状が現れることをいいます。

女性には、こういった体調の変化もよくあることかもしれません。
ですが、体が辛くて日常生活にも支障が出る&毎月同じように重い症状が出る場合は、PMS(生理前症候群)と診断されます。

【PMS(生理前症候群)の簡単なチェック表】
月経前に下記の症状に当てはまるかチェックしてみましょう。
・イライラすることが多い
・頭痛がする
・乳房が張る・痛い
・下痢や便秘になる
・腰痛がひどい
・肌が荒れる
・眠っているのに眠くなる
・胃痛がする
・うつのような症状になる
・無気力になる
・怒りっぽっくなる

月経前にこれらの症状があり、かつ、毎周期、月経2週間前~直前にこういった症状が起きる。
日常生活に支障が出るほど症状が重い。
上にあてはまる場合、PMS(生理前症候群)が疑われます。
あなたはいかがでしたか?生理痛の痛みはもちろんですが、最近は生理前症候群(PMS)でお悩みの患者さんが非常に多いです。

人によっては、お仕事を休まなければならないくらい辛い症状が出る方もいらっしゃいます。
目に見える症状ではないので、生理痛でのお休みは言いづらく、ひとりで悩まれている方もたくさんいらっしゃいます。
辛い生理痛やPMSでお悩みなら、ぜひ一度当院へご相談ください♪