遅い時間の食事は脂肪が増える?!

夜遅くに食事をすると太りやすい。と言われていますが、具体的に22時頃を過ぎると体内にエネルギーを脂肪分として蓄えはじめ、朝・昼に食べるよりも脂肪になりやすいと言われています。

とはいえ、夕食の時間がどうしても22時を過ぎてしまうという方も多いのではないでしょうか。

そんなあなたに!

 

夜22時以降の夕食でも太らない食べ方のポイント!

昼食から時間から夕食の時間がすごく空いてしまったりしていると、お腹ペコペコになりませんか?
そうなると、早食い・ドカ食いになりがちになってしまったり、逆に夜遅いからと簡単なもので済ませたりして・・・で、そんなに食べてないのになぜかどんどん体重が増加してしまう。。。

 

炭水化物(糖質)と脂質は、身体を動かすのにとても大切で必要なエネルギー源!
しっかり補いたい栄養素でもあります。

 

夕食には、その日に消費された栄養素、そして睡眠中に活動して骨や筋肉作りに必要なタンパク質やミネラルを補給する役割があります。
なのでとても大切なのですが、夜遅い食事は体にも負担になり、好ましくありません。

ところが、夜遅くに食べる時に「あとは寝るだけ」と、ご飯やパンなどの炭水化物、揚げ物などの油っぽいもの、加工食品などを食べると、エネルギーとして消費されきれず、体内に残ってしまったものが体脂肪として蓄積し脂肪として体内にため込んでいきます。

その結果、体脂肪が増えてしまう。

 

脂肪が多いと夜は心拍数が低下し、食べたもののエネルギーか蓄積されやすくなるので、ぼーっとしてしまったり、翌朝の食欲低下や、胃腸の調子が悪くなったりとカラダの不調に繋がりやりがち。


お昼からだいぶ間隔が空いてしまった後の
夕食はなおさら危険!!!

 

夕食が遅くなる時に、あるポイントを押さえれば太りにくくなる方法があるのですヽ(*’▽’*)ノ

17~19時頃に間食を摂る!

食事と食事の間の時間が長くなると、空腹のあまり次の食事で食べ過ぎてしまうだけでなく、吸収率が高まってしまうので、そんな時は間食をオススメします♡

 

17時〜19時頃に、バナナや豆乳、ビタミン・ミネラル・食物繊維豊富なドライフルーツやアーモンド、炭水化物でもある野菜サンドイッチやおにぎりなどで軽食を摂り、その後の食事は消化の良い軽めの食事を補うとカラダに負担もなく、エネルギーに変わって消化の良い状態で目覚めもスッキリ体に負担なく過ごせます。

 

遅めの夕飯でのポイントは、

①早食いを防ぎ内臓を温め消化がよくなる暖かいスープや味噌汁。
②代謝をあげカラダを作る源でもあるタンパク質類。
③血糖値の急上昇を抑え体に脂肪がつきにくい野菜・きのこ・海藻類

がオススメです♡

日々のコツコツした食事コントロールが、
あなたの明日を変化させますよ♪